ビアンコロール,飲むタイミング,飲み過ぎ

飲むタイミングは?飲み過ぎは逆効果になるって噂は?

 

 

ビアンコロールをこれから飲むという人へ、
飲むタイミングや飲み方についてまとめてみたいと思います。

 

 

よくあるのが、一日も早く効果を実感したいからと飲み過ぎてしまうこと。

 

これはもちろんおすすめできませんので、
最初にお伝えしておきますね。

 

ビアンコロールは一日わずか1〜2粒を
水やぬるま湯で摂取すればいいだけのサプリメントです。

 

 

飲むタイミングについては、特に何も決められていません。

 

風邪薬や漢方薬のように、
食後とか食前とか、そういうことは特に指定されていないんですね。

 

 

ということは、ビアンコロールは飲むタイミングによって
効果に差が出たりすることはないと受け止めてよいものと考えられます。

 

 

朝起きてすぐのほうがいいとか、夜寝る前のほうがいいというように、
それぞれの日常生活に合わせて飲んで大丈夫そうです。

 

 

飲むタイミングよりも、
飲み忘れないようにするほうが肝心かも知れませんね。

 

 

 

ホワイトキドニービーンの強烈な作用には要注意

 

 

ただし、最初に述べたように、
飲み過ぎは避けた方がいいようです。

 

飲み過ぎについては、
公式サイトでかなりはっきりと書いてあります。

 

 

ビアンコロールは、ごくわずかで、
かなりの変化を実感できるようになっているため、

 

飲み過ぎてしまうと、かなり強く変化が
現れてしまう可能性が否めないと、
ほぼ危険を促すような内容になっているのです。

 

 

何だって過ぎたるは及ばざるがごとしですが、
特にビアンコロールは注意したほうがいいみたいですね。

 

その裏付けとなるのが、ビアンコロールの主成分です。

 

 

ホワイトキドニービーン、つまり、白インゲン豆です。

 

白インゲン豆は多孔質といって小さな穴が
たくさん空いている構造をしており、

 

体内に入ると糖質や脂質を吸収して
外に排出する働きをすると考えられています。

 

 

また、白インゲン豆のファセオラミンという成分も、
糖質や脂質を消化・吸収できなくします。

 

 

このファセオラミンは、米国では糖尿病の
治療薬に使われてたりもするのだとか。

 

 

それだけ糖質をカットしてしまうのですね。

 

 

急激なダイエットが体に害を及ぼすことは誰もが知るところですが、
この白インゲン豆の糖質・脂質カットの働きは、
ともすれば強すぎてしまうことになる可能性があります。

 

 

だから飲み過ぎてしまうのは
極力避けるようにという指示が明確にされているのですね。

 

 

ここまで述べたことをまとめると
ビアンコロールは飲み過ぎないことを大前提に、
飲むタイミングは日常生活のリズムに合わせてOKということになります。