知恵袋

そこが知りたい!ビアンコロールの知恵袋の声とは!?

 

 

ビアンコロールを試してみたいけど、今ひとつその気になれない・・・

 

そういう人、けっこういるかも知れません。

 

あまりに評判がすごいと引いてしまいますよね。

 

 

そこでビアンコロールについての基本をまとめてみることにしました。

 

 

まあ、知恵袋のようなものだと思ってください♪

 

でも、知恵袋といったって、
荒唐無稽な話ではありません。

 

成分をきちんと踏まえた上での、極めて真面目な、
そして科学的な知恵袋として受け止めてくださいね。

 

 

 

 

なんでこうなるの?を成分から科学的に見てみた

 

ビアンコロールの公式サイトを見た人は、
けっこうショックを受けると思います。

 

「これが本当なら、どう考えてもすごすぎる」

 

と感じるでしょう。

 

短い期間に、まるで別人?

 

みたいな結果になると豪語しているのですから。

 

 

しかも、試してみた人の100%が実感したという、ありえなくない?

 

と、ついつい思ってしまうようなことまで堂々宣言しています。

 

 

これで終わっていたら、もう完璧にあやしいな・・・で終わりますね。

 

 

でも、ここからが知恵袋のはじまりだったのです。

 

成分についての科学的な説明がありました。

 

 

ところで、ボンゴレビアンコ、お好きですか?

 

糖質カットをしている人には気の毒ですが、
白ワインがふわっと香るアサリのパスタ、美味しいですよね。

 

話が激しくずれましたが、ビアンコとは「白」を意味します。

 

ビアンコロールの「白」は、ホワイトキドニービーン、
つまり「白インゲン豆」をの「白」なんですね。

 

 

そして、これがまさに主成分です。

 

白インゲン豆は一時期、
激やせダイエットで注目されましたが、

 

なんでも多孔質といって小さな穴がたくさんある構造で、
そこに糖質や脂肪をがんがん吸収して外に出してしまうらしいのです。

 

 

これが知恵袋その1ですね。

 

で、その2はレスベラトロールという成分。

 

体に付いた脂肪を分解して小さくしてしまうとのこと。

 

これをがっちりサポートするのが、
知恵袋その3、アサイーなんです。

 

 

アサイーは小さくなった脂肪を燃焼しやすくするのだとか。

 

 

つまり、ビアンコロールは、糖質や脂肪などを食べても、
まるで食べなかったことに等しい状態にもっていきながら、
すでについてしまった体脂肪を燃焼しやすくするということになります。

 

 

ということは、食べたいものをガマンせず、
空腹を辛抱することもなく、

 

無駄なものを「出して」さらに「燃やして」、
理想的な体型に近づけていこう!ということになるわけです。

 

 

これなら納得できるような気がしますが、さて、いかがでしょう。