ビアンコロール 副作用

痩せると評判みたいだけど副作用が心配なのですが・・・

 

 

 

巨漢女性がわずか半年で
別人のようになってしまったことで話題沸騰したビアンコロール。

 

 

最初は粉末状で販売されていたために、
副作用とまでいわずとも、

 

飲み過ぎて危険なほどの変化が
生じてしまった人が続出したという理由で、
一時は販売をストップしていました。

 

安全面を徹底し、
錠剤となって再販されるようになってからも、

 

「やっと買えるようになった!」

 

と口コミで広まり、あっという間に人気商品になったようです。

 

 

 

新しくなったビアンコロールなら痩せすぎる心配はもうない?

 

 

かなりの評判が見られるビアンコロールですが、
やはり副作用があるのではないかと心配する人が少なくないようです。

 

 

確かに経緯からすると、
副作用が出てもおかしくないような気がしますね。

 

しかも、ビアンコロールの主成分は、ホワイトキドニービーン。

 

つまり、白インゲン豆です。

 

白インゲン豆を使ったダイエット法で、
嘔吐や下痢などの副作用が報告され、
話題となったことがありました。

 

 

しかし、白インゲン豆そのものによる副作用というよりは、
加熱が不十分であることによる、
一種の食中毒であったことが判明しています。

 

 

先にも述べたように、
ビアンコロールは一時販売をストップし、

 

安全面を徹底して研究しなおしたために、
おおむね副作用が生じるような心配はないと考えられます。

 

 

ただし、それも正しい飲み方を守ったうえでの話です。

 

ビアンコロールは1日あたり1〜2粒を飲めば良いだけです。

 

飲むタイミングも自分の都合で大丈夫。

 

 

あとは特に食事制限や運動なども必要ないというのが前提です。

 

 

しかし、飲む量を増やしたり、あるいはまったく食事を摂らずに
ビアンコロールだけを飲んでしまったりした場合、

 

ともすれば効果が強く出すぎて、
副作用のような症状が出ないとも限りません。

 

 

その点をきちんと踏まえて、
正しく飲むようにすることを鉄則としてください。

 

 

ところで白インゲン豆が
なぜダイエットに効果が期待できるかご存じですか?

 

 

白インゲン豆に含まれるファセオラミンという成分が
アミラーゼ分解酵素の働きを阻害し、
主に糖質や脂質の吸収を抑えるからなのです。

 

 

このファセオラミンという成分は、
肥満大国となった米国において、糖尿病の治療にも役立てられているとのこと。

 

 

昨今、糖質ダイエットをしている人が増えていますが、
ご飯やパン、麺類、スイーツなどをガマンするのはかなりのストレスになります。

 

 

好きなものを食べつつ減量を目指すビアンコロールは
ストレスフリーのダイエットといえるかもしれません。